12年に1度の選挙イヤーにマニフェスト推進運動と投票率向上運動が連携

早稲田大学マニフェスト研究所をはじめとした民主主義向上団体たちが「マニフェストを読んで選挙に行こう。」プロジェクトを発足し、今回の統一地方選挙をはじめ、すべての選挙の投票率の向上を目指した各種取り組みを行います。

有権者が政治に関心を持ち、自らの判断で一票を投じることによって民主主義の質を向上させることを希求する、多くの志ある民間団体が協働して発足した民主主義向上運動です。本プロジェクトは主要団体からなる「マニフェスト選挙盛り上げ実行委員会」が企画・運営し、2007年4月の統一地方選挙の投票率向上に向け、委員会が主催する活動と各団体の活動が広く連携・連動します。

代表者挨拶

2003年4月に行われた統一地方選挙は、「マニフェスト」が初めて導入された選挙になりました。 地方から始まった「マニフェスト運動」は、国政にも波及し、この4年間で「お願いから約束へ」という選挙文化は、日本の政治に着実に根付きました。

この4年間で、マニフェストは大きな進化をとげました。 ただし、「マニフェスト」はツールであって、その効果があるかどうかは、候補者の使い方次第です。 2007年4月に行われる統一地方選挙は、2回目のマニフェスト型統一地方選挙になります。

これまでのマニフェスト運動をさらにバージョンアップさせることによって、民主主義のレベルをより向上させることが必要です。
そこで、民主主義の向上に志ある方々が多く集まって、この度「マニフェストを読んで、選挙に行こう。」プロジェクトが発足しました。

「あなたの街をつくるのは、あなた自身です」

真の分権自立を実現するために共に頑張りましょう。

「マニフェストを読んで選挙に行こう。」
実行委員会委員長
早稲田大学マニフェスト研究所所長
北川 正恭
北川正恭